忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/03/27 19:40 |
Zend Framework2.0.6 Zend\Version
Zend\Versionは、現在導入されているZF2のバージョンを確認できます。

このクラスは何故か他と同じ階層に入っていません。
他のZendクラスはvendor/zendframework/zendframework/lib/以下に入っているのに、
こいつはvendor/zendframework/zend-version/に入っています。
他にもzendservice-twitterとかzendrestとか、独立した場所に入っているのが幾つかあるのですがいったいどういう基準なのでしょう。

他と共通ではありませんが、Composerのautoloadは使えるようになっています。
使ってみましょう。
<?php
	require_once('path/to/channel/vendor/autoload.php');
	
	//現在のバージョン
	print(Zend\Version\Version::VERSION);
	
	//Github最新版のバージョン
	print(Zend\Version\Version::getLatest());
	
	//最新版であるか否か
	print(Zend\Version\Version::isLatest());
	
	//引数がGithub最新版より新しければ1、同じなら0、古ければ-1
	print(Zend\Version\Version::compareVersion('2.0.6'));
まあ見てのとおり、使い方は極めて単純です。
これはおそらくComposerでのインストール、バージョンアップの判断に使っているのだろうと思われます。
それ以外で何に使うのかはよくわかりません。
ZF2のバージョン2.0.5以上じゃないと動作しないプログラムがバージョンチェックに使うとかそういうやつでしょうか。
PR


2013/01/11 23:43 | Comments(0) | PHP

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<買ったものリスト 2013/01/13 | HOME | デッドアイランド ZOTY脱出記 7日目>>
忍者ブログ[PR]