忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/09/24 06:53 |
アナログゲームレビュー:○○ちゃんの方が××くんのこと先に好きになったのに勝手に告るとかヒドくない!? モテゲー男子更衣室
狂気を孕んだタイトルとカード裏が特徴。
あなたたちはとあるイケメン君のファンクラブ会員です。
彼をどれだけ愛しているかを数字でアタックしましょう。
ただしあまり主張しすぎるとハブられます。

各プレイヤーに1~5のカードを一枚ずつ配ったらゲーム開始。
ハブカードと爪楊枝は真ん中にでも置いておきます。
爪楊枝はライバルを刺すためではなく、獲得したハピネスポイントを表すのでむしろ貯めるのが目的です。
 

全員で同時に好きなカードを一枚出す。
全員が出した数値分のハピネスポイントを得る。
ただし、一番大きい数字を出した人は同時にハブカードも1枚得る。
今回は右プレイヤーが5点を出したので、5点とハブカードを一枚得ることになる。
もし5点が二人いたら、その両方ともがハブカードを得る。


使ったカードは再利用せず、ゲームを繰り返す。
ハブカードが2枚になった時点でそのプレイヤーはドボンッ、その回で集めたハピネスポイントは全て失ってゲーム終了となります。
手持ちカードは5枚なので、ゲームが円満に終了することは絶対になく、必ず誰かがドボンッすることになります。
これは女子特有の陰湿さを表現しているということでしょうか。

あと、特別カードとして1のかわりに1枚だけラブレターが入っていて、条件によってハピネスを独り占めすることができる場合があります。

上記を1学期から3学期までの3回繰り返し、最も多くのハピネスポイントを集めた人がそのファンクラブの勝者となります。
思う存分にハピネスポイント(1200本で100円)を使い倒しましょう。

単純でわりとよくある系統のルールだと思われますし、カードはトランプで再現可能すが、このカードの狂気さチープさはトランプでは味わえません。
しかしそもそも学内ファンクラブとかファンタジー以外に存在するんですかね?

総評:☆☆☆
簡単度:☆☆☆☆
狂気度:☆☆☆☆☆
PR


2016/06/14 21:59 | Comments(0) | ├アナログゲーム

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| HOME | アナログゲームレビュー:たのめナイン するめデイズ>>
忍者ブログ[PR]