忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/06/25 17:55 |
アナログゲームレビュー:ゾンビでいいから嫁をくれ! ひとあそかい
どこかで見たようなゾンビたちのゾンビパラダイス。
うっかりゾンビになってしまったが嫁が欲しい、しかし生きている人間はゾンビの本能が勝って喰ってしまう。
もうゾンビでいいから嫁をくれ!
というアレな感じのカードゲーム。
 

まず最初に欠点を言っておくと、ルールがかなりわかりにくい。
説明書に解説が足りてなさすぎて、本当にこの遊び方でいいのか?と疑問に思う点が色々ある。
設定は無駄に凝っててそれはそれで面白いのだけど、それよりも先にルールをしっかり解説してほしかったところ。

男ゾンビはマイゾンビ(自キャラ)。
まず死体の山(場札)を5枚ずつ六芒星に配置し、残りは墓場(山札)に積んでおく。
開始前に、自キャラのある場札だけは見て、順番を変更することができる。
 

手番は3シーンに分かれていて、それぞれのシーンで各1行動を行う。
・ウェイクアップシーン
 山札か自キャラの下から札を1枚引く
 自キャラを隣の死体の山に移動
・アクションシーン
 隣の場札にいるモブゾンビを倒して、その下の札を1枚獲得する
 武器を装備/交換する
 装備した武器でモブゾンビorライバルの自キャラを攻撃する
 手札のモブゾンビを死体の山に出す
 手札のゾンビ嫁を確保する
 パス
・エンドシーン
 手札が3枚以上あれば2枚残して処分

ゾンビ嫁は同じカードが2枚あり、それを揃えて確保できた人が勝利。
最後まで集まらなかったら、ゾンビになってすらもモテないアンデッドボーイズとして落ち込みましょう。
今回は無事歌姫を2枚揃えて勝利。
 

特にアクションシーンと、あとギフトカードの効果が「これでいいのか?」と疑問に思うところがあって、いまいちはっきりしないところがあります。
もう少し詳細に説明して欲しかったところです。

なお、最初に場札を見たときに同じ嫁が2枚あれば、速攻で勝利することができます。
 
運良く鍵が出ない限り、おそらく邪魔もできないはず。
まあこればかりは運だから仕方ない。


プレイ人数:3人
プレイ時間:45分
総評:☆☆☆
説明不足度:☆☆☆☆
嫁かわいい度:☆☆☆☆☆
PR


2015/12/12 18:49 | Comments(0) | ├アナログゲーム

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<買ったものリスト 2015/12/13 | HOME | アナログゲームレビュー:海賊と金塊 をしだや>>
忍者ブログ[PR]