忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/03/27 21:40 |
==NOVEL PHILOSOMA== 14

==SCENE 11==

 二人のストレガは地底湖に達していた。2機は湖面上空を急旋回した。
「アリス、ターゲットはどこなの!」
 ミショーのヒステリックな声が響く。だが、アリスのコールは変わらなかった。
「ターゲット・コンタクト……ターゲット……」
 後方監視スクリーンを見たディースリーは愕然とした。湖面がさざないでいる……まさかあれは……。彼は怒鳴った。
「大尉!」
 次の瞬間、湖面を割って巨大な影が立ちふさがった。
「コレは……」
 ミショーは愕然として息を呑んだ。その姿は、まるで古代の水生恐竜そのものだった。違いは……表情と言えるものがないことだった。顔に当たる部分が、東洋に伝えられている能面そのものだった。
「コーション。ターゲット攻撃態勢」
 怪物は微かに首を振り、ミショー達へと視線を向けた。ミショーは兵装スイッチを跳ね上げ、静かに狙いを定めた。
 そして、トリガーを引いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 キナバルもコックスも憔悴しきっていた。
 オペレーター達も、虚ろな視線をスクリーンに映る220へと向けていた。降下させた偵察用ドローンの送ってきたデータが、一同の精神を完全に叩きのめしていた。
 扉の開く音と共に通信長が入ってきて、キナバルに通信文を渡した。
 コックスには、読まなくても内容が判った。通信文を読み終えたキナバルの顔は、ゆっくりとコックスを見た。実際の彼の年齢より、20年は老け込んで見えた。
「少佐、大統領命令だ。マーヴをランチ・シークエンスに移行しろ」
「イエッサー」
 コックスは一切の思考を停止し、ただ命令に従うことにした。大統領は、220を核ミサイルで消滅させろと命じたのだ。
 彼は淡々と発射準備に取りかかった。

 水面に出ていた頭部がゆっくりと沈んでいくのを、ミショーは凝然として見つめていた。ありったけのミサイルと火力を叩き込み、化け物を辛くも倒せた……。
 その代償として、ミショーのストレガはミサイルを全て撃ち尽くしてしまっていた。アサルト・ブレイカーもエネルギー残量はゼロ。レイブレッドも撃ち尽くした。残ったのはバルカンの砲弾が97発……。
 戦闘能力喪失と言っていい。ディースリーの方も似たようなものだろう……ヘッド・アップ・ディスプレイには、生存者の位置ポイントがマーカーで示されているが、素直に喜ぶ気持ちにはなれなかった。これでどうやって生存者を確保し、救難機の到着まで維持しろというのか? まして、アリスはブレイクダウン寸前の状態だ……。
 

==NOVEL PHILOSOMA==

PR


2010/05/13 01:05 | Comments(0) | TrackBack(0) | ゲーム

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<x==0? 0==x? | HOME | Smartyのちょっと便利な予約変数>>
忍者ブログ[PR]