忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/08/24 08:16 |
買ったものリスト 2009/11/22


絶望先生19
☆☆☆☆☆

何時何処から見ても全く同じという金太郎飴的な、しかし何処を見ても一つたりとも同じではないという非常に損をしている傑作ギャグ漫画。
それにしてもギャグ漫画家は精神を病んでしまうというのは何か職業病なのですかね。
南国の頃は後書きも楽しげな内容が多かったのに最近のはネガティブすぎて見てらんない。見てるけど。
で、セブ島の続きはまだですか。


ラブやん12
☆☆☆

実はカズフサと同年代なのでなんとなく本作を読むたびに身に沁みていたのだ。
数年前までは。
今はもうプーではないからカズフサとは違うぜ!俺様は一皮剥けた!
……実はヒデヒコと同レベルだったりして。

当初は全体的に絶望的だった本作も、だんだん合法的ロリキャラが増えてきてハーレム物っぽくなってきてるような気がしないでもなく少々迷走気味の気配。
あとヤエ関連の話は両者に素でドン引きした。


オバカミーコ14
☆☆☆☆

いい加減とてもオバカとは呼べないミーコのサクセスストーリー。
つうてもミーコはさっさと負けてしまい、寧香とれいらとデジミユが主役ですが。
しかしれいらとか当初お局的雑魚扱いだった気がするんだが。
今巻ではついにネット専業麻雀打ちが出場してきますが、さすがにリアルで一度も打ったことがない奴がいきなり打つとかはさすがに無理だろうがと。
てか、この手の本では必ずデジタル側が嫌な奴扱いされるのは何ででしょうかね。


白山さんと黒い鞄3
☆☆☆

九衛がウザいのと白山さんが弱気すぎるのはどうにかならんもんだろうか。
ということで今回の舞台は海。
まあ作者が作者なので海に行ったからといって作風が明るくなるということもなく、ひたすら暗い過去と暗い未来の狭間でちょこっとラブコメという相変わらずな展開となります。
しかし外部にも普通にああいうのが居るのであれば必死に鞄だけ守っていてもあまり意味がないような。
つうか、あんな危険物さっさとコンクリ詰めにして海溝にでも沈めてしまえ。


酷道を走る
☆☆☆

日本の道路は国道、県道、市町村道、私道、農道、林道等にランク分けされているわけですが、国道はそのランキングの頂点に君臨し、全国の都市間を連結する重要な幹線道路と位置付けられています。
ところが三桁国道ともなると政治的要因とか地図見て適当に決めたんじゃなかろうかという路線も増えていき、酷い物になると車は通れないとかそもそも道が無いといったものまであります。
一部でそんな酷い国道ということで酷道と呼ばれていましたが、ここ数年国道関連の本が徐々に出版されています。
本書もその一冊で、TEAM酷道の主催、鹿取茂雄による酷道レポートです。

登場するのはR152、157、193、265、388、417、418、439、458、488、490。
サイトでは写真しか載っていませんが、本書ではきちんとレポートが書かれています。
基本的には国道レポートと言うより紀行文のような書き方なので軽く読むことが出来ます。
そのぶん資料としての価値は低く、山行がみたいな机上調査、現地調査やその結果といった内容はほとんどありません。
あと閉鎖ゲートを乗り越えるとかの描写を平然と書いているってのはどうなんだろうな。
法律的にどうかは知りませんが、多くのサイト等では普通そこらへんはぼかしているのに、本の中で堂々と書かれていると非常に違和感があります。

あとしきりに、若い頃は完徹とか平気だったが最近は身体が付いてこない的なことを書いていたのでm9(^Д^)プギャーしてたら、奥付で同年生まれだったことが発覚したでござるの巻。


Left 4 Dead 2

全力疾走するゾンビ!
というインパクトだけで大勝利を勝ち取ったL4Dの続編が早々と登場。
熱しやすく冷めやすい本作ですので、前作からわりと早く登場したのはわりと正しいかもしれません。

さてその本作ですが、実際やることは何一つ変わりません。
変わったところといえば、武器の種類が増え、敵の種類が増え、キャラクタが変わり、マップが変わったくらいです。
それ以外は本当にもう今まで通りゾンビを皆殺し!生存者を皆殺し!

とりあえずキャンペーンを一通りクリアしたが、今回はなんかEASYですら難易度高いような気がするんだが。
前作ですらEXPERTクリアできなかったのに今回は更にその上のモードがあるってんだからどうしたものか。

PR


2009/11/22 20:26 | Comments(0) | TrackBack(0) | 買ったもの

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<CakePHP-06:CakePHPのpaginator全メソッド | HOME | ゲームレビュー:メモリーズオフ6 NextRelation>>
忍者ブログ[PR]