忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/03/27 21:34 |
PHP5.3.7 TwitterOAuthの正しい使い方
PHP TwitterOAuth 1.1」でググると、

> $TwitterOAuth->OAuthRequest("http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json","POST",array("status"=>$tweet));

みたいなコードばっかり引っかかってぅぇぇとなるんですが。
誰かが最初に適当に書いたのをみんながコピペしたという過去が透けて見えるようだ。
まあ、動けばそれでいいというPHPの精神には則っているかもしれませんね。
<?php
	// TwitterOAuth
	require_once('path/to/twitteroauth.php');
	$TwitterOAuth = new TwitterOAuth('コンシューマキー', 'コンシューマシークレット', 'アクセストークン', 'アクセスシークレット');
	
	// 1.1向け。2013/06/12以降の版であれば不要
	$TwitterOAuth->host = 'https://api.twitter.com/1.1/';
	
	// 認証が有効か+ユーザ情報取得
	$user = $TwitterOAuth->get('account/verify_credentials');
	
	// つぶやく
	$status = $TwitterOAuth->post('statuses/update', ['status' =>'ツイート内容']);
	
	// リツイート
	$retweet = $TwitterOAuth->post('statuses/retweet/ツイートID');
	
	// フォロアーを取得
	$followers = $TwitterOAuth->get('followers/list');
	
	// フォローしてる人を取得
	$follows = $TwitterOAuth->get('friends/list');
	
	// ユーザ名でユーザ情報を取得
	$userinfo = $TwitterOAuth->get('users/show', ['screen_name'=> '@以降の表示名']);
	
	// ユーザIDでフォローする
	$follow = $TwitterOAuth->post('friendships/create', ['user_id'=> 'ユーザID']);
APIは他にもたくさんありますが、呼び出し方はどれも同じです。
oAuthRequest()はJSONデコードもされていないし、このメソッドを直接呼ぶ意義は、今のところ全くありません。

さらに、TwitterOAuthは2013/06/12にTwitter API 1.1に対応したので、それ以降のバージョンであれば$connection->hostを書き換える必要すらありません。

ちなみにTwitterOAuth、テストコードがついてくるのですが、これがけっこう間違いがあったりして困りものです。

というか、どうして呼び出し側でget/post判断やURLを渡させるのですかね。
適当にinterface作ってそっちで吸収してくれよと非常に思う。
PR


2013/07/26 23:46 | Comments(0) | PHP

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<買ったものリスト 2013/07/28 | HOME | PHP5.3.7 「第8回オフラインリアルタイムどう書くの参考問題」をPHPで解く>>
忍者ブログ[PR]