忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/09/24 06:55 |
Zend Framework2.1.1 Zend\Code\NameInformation
執筆時点(2013/02/08)ではヘルプに一切存在しない謎のクラス、Zend\Code\NameInformationを触ってみます。
まあ、他にもヘルプに載ってないものってたくさんあるんですけどね。
<?php
	require_once('path/to/channel/vendor/autoload.php');

	//NameInformation
		$nameInformation = new Zend\Code\NameInformation();
		
	//useから完全修飾名に
		$nameInformation->setUses(array('Zend\Config\Writer'));
		$name1 = $nameInformation->resolveName('Writer\Ini');
	
	//namespaceから完全修飾名に
		$nameInformation->setNamespace('Zend\Config\Reader');
		$name2 = $nameInformation->resolveName('Ini');
出力結果。

string(22) "Zend\Config\Writer\Ini"
string(22) "Zend\Config\Reader\Ini"


どうも本気でただこれだけのクラスのようです。
setNamespace()とかsetUses()とか名前が付いていますが、実際にネームスペースやuseを設定してくれたりするわけではないようです。
まあ、そんなものどうやって設定するんだって話ですが。

なお、上記では実在するクラスを指定していますが、非実在クラスを指定しても特にエラーが出たりはしません。
ファイルやクラスの存在をチェックしたりはせず、単に格納して取り出しができるだけのようです。
正直本気で使いどころに困る。
PR


2013/02/08 23:59 | Comments(0) | PHP

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今週の実績 2013/02/10 | HOME | デッドアイランド ZOTY脱出記 13日目>>
忍者ブログ[PR]