忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/03/27 19:45 |
Zend Framework2.0.6 Zend\Config\Processor
ZF2にもZend\Configが存在します。
読み込む方のZend\Config\Reader、書き込む方のZend\Config\Writerがありますが、正直使い方はZF1と全く一緒なのでパス。

日本語情報が全く存在しない、ZF2で追加されたとおぼしきZend\Config\Processorという謎クラスがあったので触ってみます。
コンフィグの例はいつものダミーです。
<?php
	require_once('path/to/channel/vendor/autoload.php');
	
	//例
	$conifOption = array(
		'webhost'  => 'www.example.com',
		'database' => array(
			'adapter' => 'pdo_mysql',
			'params'  => array(
				'host'     => 'db.example.com',
				'username' => 'dbuser',
				'password' => 'secret',
				'dbname'   => 'mydatabase'
			)
		)
	);
	
	//Zend\Config
		$config = new Zend\Config\Config($conifOption, true);
	
	//表示
		print($config->database->params->host);
		
	//大文字にするフィルタ
		$processorFilter = new Zend\Config\Processor\Filter(new Zend\Filter\StringToUpper());
	
	//フィルタを通す
		$processorFilter->process($config);
	
	//表示
		print($config->database->params->host);
結果は、
"www.example.com"
"WWW.EXAMPLE.COM"

見事に大文字になってしまいました。

Zend\Config\Processorは、コンフィグに対して全体的に処理を行うことができるようです。

Zend\Config\Processor\Filterは、Zend\Filterのインスタンスを渡すことで、該当の処理をコンフィグ全体に設定可能です。
ユーザ入力値を設定として保存する際にZend\Filter\StringTrimを通したり、Zend\Filter\Encryptを使って暗号化して保存したりといった用途が考えられるのではないでしょうか。

などと無理矢理使い道を考えてはみましたが、正直使うことないよな。
PR


2013/02/01 23:18 | Comments(0) | PHP

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今週の実績 2013/02/03 | HOME | デッドアイランド ZOTY脱出記 11日目>>
忍者ブログ[PR]