忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/03/29 20:09 |
ZF2.0 Zend\Barcode
名前のとおり簡単にバーコードを作っちゃうよというパッケージです。
使い方は超簡単。
<?php
	require_once('../../../../channel/vendor/autoload.php');
	
	// バーコード種別
	$barcode = 'ean13';
	
	// レンダラ
	$renderer = 'image';
	
	// バーコードオプション
	$barcodeOption = array('text'=>'1234567890');
	
	// レンダラオプション
	$rendererOption = array();
	
	// 表示実行
	Zend\Barcode\Barcode::factory($barcode, $renderer, $barcodeOption, $rendererOption, false)->render();
これだけでバーコードが表示されます。
簡単すぎる。

オプションを指定する場合はバーコードオプション、レンダラオプションに配列で突っ込みます。
	// バーコードオプション
	$barcodeOption = array('text'=>'1234567890', 'barThinWidth'=>2, 'barHeight'=>100, 'foreColor'=>'#FF0000', 'backgroundColor'=>'#00FF00');
	// レンダラオプション
	$rendererOption = array('imageType	'=>'jpg', 'height'=>200, 'width'=>500, 'topOffset'=>50, 'leftOffset'=>100, 'moduleSize'=>100);
バーコードのサイズや色、画像自体のサイズといった諸々を指定可能です。
出力形式は画像以外にPDF、SVGが選択可能です。

日本で流通しているバーコードはJAN(EAN13)で数値のみを最大12桁格納可能です。
他にもCode128やITFなど十数種類のバーコードに対応しているので、色々試してみるのもいいでしょう。
バーコードなんて作って何に使うのかはわかりませんがね。

そして日本では一番需要が高いと思われるQRコードには残念ながら対応していません。
早いところの対応が待たれるところです。
PR


2012/11/23 23:59 | Comments(0) | PHP

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ショートカットメニュー:デッドアイランド ZOTY脱出記 | HOME | デッドアイランド ZOTY脱出記 2日目>>
忍者ブログ[PR]