忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/10/19 01:35 |
買ったものリスト 2014/06/22
湯長谷藩の藩主、内藤政醇は参勤交代から帰ってきたばかりのところを、突然再びの参勤交代を言い渡される。
通常なら10日はかかるところ、期限は僅か5日。
貧乏な弱小藩には路銀すらなく、通常の参勤交代すら不可能な状態だった。
きちんと格を示しつつ期日までに江戸に上がらねば、お取り潰しどころか処刑すらもありうる。
裏には老中の一人が暗躍しており、あの手この手で邪魔をしてくる。
果たして彼らの運命や如何に。

イオンモールむさし村山に居たところ、たまたまタイムラインで超高速!参勤交代の
話が上がってたので見てきました。
座席は9割くらい。

粗筋だけだととても暗い話にしか思えませんが、タイトルからして超とか!とか時代劇としてはおかしい表現が入っています。
実際ツッコミどころしか見当たらない、実にバカバカしい(褒め言葉)作品でした。
最初に上映中は静かにしろって言われますが、本作では無理です。
周囲からも何度も笑いが上がっていました。
白昼忍者軍団と集団戦とか一体どうすんだそれ。
あと伏線は概ね回収するのですが、身分の話はそれ解決になってるのか。
もっとも笑いどころだけではなく、シリアスだったり深刻だったりするところも多々あり、それらがハーメルンのバイオリン弾き(原作)のように混ざり合って描写されます。

歴史に厳格な人は絶対受け付けられないと思いますが、単純に娯楽として見るにはなかなか楽しい作品でした。
最後のオチも明るくて清々しい。

で、結局財政難はどうなったんだ。



アホガール1 ヒロユキ
アホガール2
アホガール3
☆☆☆

実に清々しくアホだ。
看板に偽りなし。
何一つ深いことのない単純娯楽アホ話。
つうか妹のほうが深刻だな。


きしとおひめさま1 パイン
☆☆☆

すこしふしぎな世界の日常ものかと思ったら鎧の騎士とか現われて一体なんなんだこれ。
1巻のほとんどが序章で、まだ話の展開を広げることすらできていない状態で、登場人物も誰が誰やらです。
もうしばらく続きを見ないと評価を下せないような雰囲気ですが巻を買うかどうか微妙なところ。


絶対☆霊域7 吉辺 あくろ
☆☆☆☆☆

ヒナちゃんがかわいいだけの漫画。
ヒナちゃんの魅力だけでいまだに引っ張られる。
最後の人は8巻で出てこなかったな。どうなってんだ。
PR


2014/06/22 17:25 | Comments(0) | 買ったもの

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<スターマイン主要キャラ二人称リスト Ver0.1 | HOME | PHPでLINQ>>
忍者ブログ[PR]