忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/03/29 20:02 |
PHP1-27:QRコードを作ってみる

QRcode image PHP scripts  version 0.50g
http://www.swetake.com/

最近ではQRコードを読み取れない携帯はない、くらいに浸透したQRコードですが、個人でも作成、使用できます。
例によってQRコード作成ライブラリを公開してくれている人がいるので使ってみましょう。

使い方は死ぬほど簡単です。
qr_img.phpの設定項目のうち、$path、$image_pathをそれぞれdataフォルダ、imageフォルダのある場所に指定し、あとはブラウザでアクセスするだけです。
qr_img.php?d='test'
とすると、それだけで画像が表示されます。

エラーになった場合、$pathおよび$image_pathを設定しましょう。
また、GDを使用していますので、imagecopyresized()等が使えるか確認してみましょう。

さて本プログラム、これだけで完成しているのですが、ひとつ問題があります。
引数が全てリクエスト渡しとなっています。
そのせいでincludeが出来ず、またアクセス制御を行っていないので外部から簡単に利用されてしまいます。
勝手にクラス化してincludeできるようにしてみました。
出力イメージはこのようになります

ソースのダウンロードは↓こちらから。
qr_img.class.php

700行ある長大なファイルなので、さすがにいつものように掲載は出来ません。
ダウンロードしてみてください。

本当にただただ単にclassで括っただけという捻りの無さ過ぎる内容ですが、とりあえずクラス化されました。
使用時はいつものようにインスタンス化して適当にパラメータを突っ込んで最後にprintQRCodeすれば表示されます。

qr.php

<?php
    require_once('qr_img.class.php');
    $qr=new QR_IMG();

    $qr->set_qrcode_data_string('sample');
    $qr->set_qrcode_module_size(4);
    $qr->set_qrcode_image_type('jpg');
    $qr->set_qrcode_error_correct(1);
   
    $qr->printQRCode();

    //$image=$qr->getQRCode();
    //imagejpeg($image);

/*
    $ret=$qr->saveQRCode('image.jpg');
?>
    <img src="image.jpg" alt="QRコードサンプル" />
*/


printQRCodeで画像として出力、getQRCodeでGDオブジェクトとして取得、saveQRCodeでファイルに保存出来ます。



と、せっかくここまで作成したところでQRコードクラスライブラリの存在に気付いて俺涙目。



QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

本品のついてのあらゆる権利はY.Swetake氏が所有しますが、本品についての質問、要望等をY.Swetake氏に対して行わないでください。

PR


2008/09/26 21:54 | Comments(0) | TrackBack(0) | PHP

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<PHP1-28:XAMPPでメール | HOME | PHP1-26:バーコードを作ってみる>>
忍者ブログ[PR]