忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/12/11 22:24 |
PHP5.3 pharでWebアプリを作ってみた
前回はpharアーカイブをライブラリとして使用しましたが、実はpharアーカイブだけで完全な動作をするPHPプログラムを作成可能です。
この利用法、Phar::webPhar()あたりをよく読めば書いてあるのですが、物凄く便利っぽい機能にもかかわらず何故か何処にもこれを使ってみたという人が見あたらない不思議。

まあとりあえずでっちあげてみたのがこちら
http://file.yuubiseiharukana.blog.shinobi.jp/20110730-index.phar.zip

中身は昔作った超適当なフォームなのでソースの参考にしてはいけませんが、以下の3ファイルが入っています。

input.php
<?php
	//初期化
		header("Content-Type: text/html; charset=UTF-8");
		error_reporting(E_ALL ^ E_NOTICE);
		$shimei = '';
		$mail   = '';
		$sex    = '';
	
	//引数を確認
	if($_REQUEST['comp']){
		//引数があれば入力チェック
			$shimei = $_REQUEST['shimei'];
			$mail   = $_REQUEST['mail'];
			$sex    = $_REQUEST['sex'];
			$error_message = '';
			if(empty($shimei)){    $error_message.= "氏名が入力されていません<br />";}
			if(empty($mail)){      $error_message.= "メアドが入力されていません<br />";}
			if($sex!=1 && $sex!=2){$error_message.= "性別が入力されていません<br />";}
			if($error_message){
				//エラーがあれば戻る
				require_once('phar://index.phar/input.tpl');
				exit();
			}else{
				//エラーがなければ保存して終了
				file_put_contents('form.txt', $_REQUEST, FILE_APPEND);
				require_once('phar://index.phar/comp.tpl');
				exit();
			}
	}else{
		//引数が無ければ入力画面
		require_once('phar://index.phar/input.tpl');
		exit();
	}
input.tpl
	<?php if($error_message){print('<div style="color:red;">'.$error_message.'</div>');} ?>
	<form method="POST" action="<?php print(htmlspecialchars($_SERVER['PHP_SELF'])); ?>">
	   氏名:<input type="text" name="shimei" maxlength="64" value="<?php print(htmlspecialchars($shimei)); ?>"><br />
	   メアド:<input type="text" name="mail" maxlength="64" value="<?php print(htmlspecialchars($mail)); ?>"><br />
	   性別:
	   <input type="radio" name="sex" value="1"<?php if($sex==1){print(" checked");} ?>>男 
	   <input type="radio" name="sex" value="2"<?php if($sex==2){print(" checked");} ?>>女<br />
	   <input type="submit" name="comp" value=" 登録 ">
	</form>
comp.tpl
	投稿を受け付けました。<br />
	ご協力ありがとうございました
このファイルをひとつぽんとサーバ上に置くだけでフォームが完成という、配布などに非常に便利な機能となっています。
まあ、この例で作ったフォーム程度なら手動で1ファイルにした方が早いんですがというかわざわざファイル分ける必要ないんですが、たとえばファイルが2200個あるMantisがなんと今ならたった1ファイル、とかになったらずいぶん利用のハードルが下がったりするかもしれません。


ちなみにこのpharファイルの作成方法は以下のようになっています。
<?php
	$phar = new Phar('index.phar', 0);
	
    $phar->addFile('input.php');
    $phar->addFile('input.tpl');
    $phar->addFile('comp.tpl');
    $phar->setStub('<?php
		 Phar::webPhar("index.phar", "input.php" );
		 __HALT_COMPILER(); ?>');
いやあ、__HALT_COMPILER();なんて初めて使ったよ。

Phar::webPhar()が、pharアーカイブを直接呼び出しで利用できるようにするフロントコントローラです。
このメソッドを呼んでおくと$_REQUESTとかの処理を適切に割り振って、pharアーカイブ内でそのまま使用できるようにしてくれます。
第二引数の'input.php'を指定すると、index.pharが呼ばれたときにアーカイブ内の'input.php'が実行されるようになります。

このPhar::webPhar()をセットしているPhar::setStub()はローダスタブをpharアーカイブにセットするメソッドです。
で、そのローダスタブって何なのかというと、今回のようにpharファイルが直接呼び出された、あるいはrequire_once('phar://index.phar')と直接pharアーカイブがインクルードされた際に自動的に実行される部分です。
前回までのようにpharアーカイブ内の一部ファイルだけを呼び出した際には実行されません。

ちなみにデフォルトだと、phar未対応のPHPでpharをエミュレートする機能を追加し、その後自動的にアーカイブ内の'index.php'を実行してくれます。

PR


2011/07/30 01:44 | Comments(0) | TrackBack(0) | PHP

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今週の実績 2011/07/31 | HOME | PHP5.3 pharアーカイブを作成>>
忍者ブログ[PR]