忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/10/19 23:47 |
XBOX360春のSTG祭り
2011年春はXBOX360にやたらSTGが固まって発売されました。
当然全作品購入しました。
ちょうどシューティングゲームサイドVol2が発売されたことですし、少々遅きに失した感はありますがいまさら所感を述べてみます。
個人的な感想はこんなかんじ。

エスカトス > トラブル☆ウィッチーズ > バレットソウル > 星霜鋼機ストラニア > バンガイオーHD > オトメディウスX

とはいえ、ガッカリだったのはオトメだけです。
赤い刀はあまりプレイしていないので外していますが、おそらく弾魂とストラニアの間くらいに収まりそう。
2月発売のむちポや大復活BLを入れるかどうかは難しいところですがとりあえず除外で。

・エスカトス
この春一番の当たりでした。
レイフォース以来の、「ステージ構成だけでストーリーを語る」シームレスで進む熱い展開、それを彩るどこか古くて新しい音楽、そしておまけに元ネタとなったワンダースワンの名作JUDGEMENT SILVERSWORDとCARDINAL SINSまでもが収録されています。
システムとしては、プレイしているとどんどん制限が解除されていき、残機やコンティニュー回数上限が増え、スペシャルなオプションが選べるようになり、やりこむごとに新しい楽しみ方が増えていきます。
確かに見た目のグラフィックはショボくてXBLAのストラニアと同じくらい下の方と言えますが、そんなのプレイしているうちにどうでもよくなります。
この春どころか360有数の傑作STGです。

・トラブル☆ウィッチーズ
可愛い横スクロールSTG。
まずはなんといってもXBLAで800ゲイツなのにフルボイスに驚きだ。
質についてもまあ、その、うん、いいんじゃないかな。
STG部分も良くできていて、緩急の効いた色々な攻撃パターンがあります。
まあ高速弾が多くて記憶必須なのと、高難度ではどう避けたらいいのか皆目見当がつかない攻撃が多くて私の腕ではどうにもならないのがちょっと残念。
演出や実績アイコンなんかにも手抜きがなくてできがいいので、生理的に駄目でなければプレイしてみるといいんじゃないかな。
制作者については色々評判があるみたいなのですが、まあプレイ中はそんなこと気にする必要はないでしょう。

・バレットソウル
完成度という視点で見れば春一番。
最大の特徴は「倒した敵の撃っていた弾が消滅する」
一見弾幕シューですが、とにかく前に出て敵を倒すほど安全になり、敵を速攻倒していればほとんど弾を避ける必要がなくなります。
いかに危険の真っ直中に突っ込んで攻めて攻めて攻めまくるかがポイントとなります
逆に一度押されてしまうと敵の弾幕にどんどん押しやられてしまってあぼん。
問題点というかひとつ気になったのは、色々と隠しボーナスがあるんだけど、取得時にどんな理由で取得できたのかが表示されないのでよくわからないというところです。

・星霜鋼機ストラニア
面白くなくはない。
だがなんつーかこう、重苦しくて暗いんだ。
実績の鬼畜さがそれに輪をかけているかんじ。

難儀なのが武器交換システムで、左右+控えの三種類の武器を使い分けて進みます。
武器はそれぞれ非常に個性があり、万能なものがないので場面に応じてどんどん切り替えていくことになります。
武器アイテムに右から当たると左手の武器が、左から当たると右手の武器が交換されます。
で、ボタンで控えと左右の武器を入れ替えられるのですが、これがなんと右回りしかできない。
普通アクスレイみたいに左右どちらにも回せるようにするだろ!
これが異常なストレスとなります。
この一点だけでも変えてくれればプレイ感覚も相当違ったろうに。
ボスの演出とかかっこいいところも多いだけに、とにかく惜しい作品です。

・バンガイオーHD
こんなに評価が低い理由はただ一点。
あの変な掛け合いがない。
変なおっさんのヒントなどどうでもいいからりきとまみを出せ!!!

ちなみに爽快感だけは異常なまでに存在しています。
2Dにとことん力を入れたというだけあって画面がとんでもないことになるので、N64版、DC版をプレイしたことがなければ是非やってみましょう。
体験版があるのでとりあえず3面をクリアするまでプレイするんだ。

・赤い刀
ゲームシステムがよくわからん。
ハガネとかカタナとかなんなんだ。
まだ語れるほどプレイしていないのでとりあえず保留。
システムやゲーム性関係ないグラフィックや音楽については非常に高水準です。

・オトメディウスX
オトメ、お前だけは駄目だ。

とにかく退屈。
低難易度というのは弾が少なければいいというものじゃないんだ。
この調整を初心者向けとはとても言いたくない。
また、難易度はノーマルとエキスパートの二種類があるのだが、プレイしていてその違いが全くわからないという。
2周目以降、ようやく敵がまともに攻撃してくるようになりますが、単に弾が増えるだけでそれ以外何も変わらないのも残念。
ゲームバランス調整パッチを予定しているらしいので、それが来るまでは沈めておきましょう。
PR


2011/06/30 22:59 | Comments(0) | TrackBack(0) | ゲーム

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<Dojo1.6.1 dojo Dojo道場08 dojox.charting.Chart2Dでズーム | HOME | Dojo1.6.1 dojo Dojo道場07 dojox.charting.Chart2Dでリアルタイム更新>>
忍者ブログ[PR]