忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/07/21 17:52 |
Dust: An Elysian Tail Chapter9
前回の続き。

悲しみの草原に入ったところでチャプター3『愛』スタート。

奥のブラックムーア山脈へと通じる道が、何故かバリアで封鎖されています。
そして近くに何故かオーギュスタンがいました。
冒険者になるのだーとか言ってます。
なんてこった死亡フラグが立った。
本当はコラに頼まれたのだそうです。
コラって誰だっけ?

草原とかいうわりに、辺りは枯死した木々が立ち並ぶ陰鬱とした場所です。
敵もこれまでより一段階パワーアップしています。

草原の奥でコラをみつけました。
オーロラ村の離れにいた、一番始めに出会ったおばあさんでした。
ケインはコラの知り合いらしい。
で、ケインの屋敷が4つあるので、それぞれひとつづつ大切なアイテムを持ってきてほしいとのこと、
うわ、これはめんどくさそうだ。

先に進むと謎の敵が現れました。
攻撃を当てようとしてもワープで完全回避、そして雑魚敵を大量に召喚してきます。
雑魚は経験値稼ぎにいいのですが、たまに自爆する敵を呼ぶことがあり、即死級のダメージを受けてしまい危険です。
仕方がないのでスルーして進めましたが、いったいどうやって倒せばいいんだろう?

さらに進むと音楽が消え、かわりに遠吠えが聞こえました。
奥には大きな洋館、バーデル屋敷。
中に入ると大きな緑の幽霊のようなものが襲来。
アーラの剣「逃げろ!われの力も届かぬ次元に住みつく存在だ!」
コラが言っていた何かに関係があるようですが現時点でははっきりわかりません。
奥の落とし穴に落ちて戻れなくなったダスト達はさらに先に進みます。
一番奥で古い絵画を見つけました。
幸せそうに微笑む新婚夫婦を描いたとても古い絵画です。
さらにアイアンフィストの技を入手。
これまで意味深に蔦がぶら下がっていたところが幾つかあったのですが、その蔦を登れるようになります。
一番最初のかっこよくしがみついたが落ちたところとか。

蔦を伝って第二の屋敷、サマチュア屋敷へ。
ここでも緑の幽霊が出てきます。
実は幽霊の攻撃判定は振りかぶった手を振り下ろしているところにしかないため、本体に当たっても平気だったりします。
とはいえうっかり手に当たってしまうと攻撃力がとんでもないので注意は必要です。
奥で古いが彫刻が美しいブローチを見つけました。

みっつめは地下の地底湖に半分埋まったナノス屋敷。
なんでそんなところに建てた。
奥で長く使われたせいで革表紙がすり減った秘密の日記を発見。

続けざまによっつめ、最後はドリモ屋敷。
それぞれの屋敷にひとつ使用人の手記が落ちているのだが、ここの手記に気になることが書かれていた。
「何事かと思って高窓をのぞいたら、あの将校がいた!部下たちが隣の屋敷の人々を引きずり出して、銀血の民の支持者がどうのと怒鳴っていた。ケイン様にこのことをお話したら、一週間分のお給金を下さるから、二度と口にしないようにとの仰せだった。」
まあ確かに口にはしてないな。
さて、これでケインがジンジャーの両親を売ったという推測ができてしまうのだが、本当にケインを頼っても大丈夫なものだろうか。
そしてあの緑の幽霊との関係は?

最奥部で銀細工が施されたきれいな歩行用の杖を発見した。
これで4つのアイテムが揃いました。
早速コラに話を聞きに行きましょう。

Dust: An Elysian Tailのまとめ

PR


2013/12/02 23:06 | Comments(0) | ゲーム

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<Dust: An Elysian Tail Chapter10 | HOME | 買ったものリスト 2013/12/01>>
忍者ブログ[PR]